Apple
トリビア

ロバート・ケリーの(秘)アップルトリビアの魅力とは?

ロバート・ケリーの(秘)アップルトリビアの魅力は、ロバート・ケリーがアップルで働きだした当初から、アップルの成長や戦略などを講演のような形で説明している作品です。
まるで1つの小説を読んでいるかの時間を過ごせることから、アップルが好きな人なら必ず聞いた方が良い作品と言い切れます。

アップルトリビアとは?

「写真」
アップルトリビアとはDojoで公開されている有料コンテンツです。値段は『327円』と安くなっており、実際にアップルで働いていたロバート・ケリーの貴重な経験談を聞くことができます。早速動画をご覧になりたい人は、こちらのLINEからお問い合わせください。
「Dojo LINEリンク」

具体的な動画の内容は?

「写真」
ベンチャー企業として世の中を動かそうとする「アップルの戦略」や当時の記憶を探りながらロバート・ケリーが話を綴ります。有料のコンテンツだからこそ、具体的な中身は公表できませんが、20代で1000万円の収入を手に入れたロバート・ケリーの話は間違いなく一流の経験談です。
これからビジネスの成果に飛び込もうとしている人や、アップルが好きな人にはおすすめの作品となっております。

①自己紹介

ロバート・ケリーの自己紹介から物語は始まります。スカウトから始まり、アップル社に入社する貴重な経験談を聞くことができ、本当に才能に溢れた方だと感じることができました。そんなロバート・ケリーの「アップルトリビア10話の内容をまとめました。

②出社初日⇨変な社会

アップルへの初出社から当時の思いを聞くことができます。入社当初の生活はどうだったのか?会社の雰囲気が知れるのでアップルが好きな人には堪りませんね。

③初仕事

ロバート・ケリーがアップルで仕事を進めていく話を聞けます。社長との話から始まり「大規模な企画に巻き込まれていく」話は、聞いていて楽しめること間違いありません。どんな逆光でも燃えるロバート・ケリーの心の強さも表現されています。

④アップルのルーツ

1人の存在でアップルが大きく動いた話が表現されています。ロバート・ケリーが本当に尊敬している自分物とは誰なのか?アップルのルーツとは「どのように作られたのか?」を知ることができます。

⑤ログが違う

アップルの「ロゴの由来」を説明されています。色んな由来が存在しますが、実際に働いていたロバート・ケリーだからこそ話せるアップルトリビアを公表しております。どんな思いでロゴが作られたのか、アップルファンには見逃せない内容です。

⑥1984の衝撃

この記事の最後にも動画リンクを置いておりますが、1984年に1回だけ流したC Mの話になります。アップルが好きな人なら「誰もが知ってるCM」が、どのような思いで作られたのか?当時のアップルの狙いをロバート・ケリーが明らかにしてくれます。

⑦売れない〜

「単価が高い商品だから売れない」当社のアップルは商品が売れない問題を抱えていました。そのような状況でどのようにマーケティング戦略を練っていたったのか、具体的な内容となっております。ビジネスが好きな人には気になる内容ですね!

⑧マクラ戦!

当初のアップルで「企画」を決めるミーティングをどのようにしていたのか?具体的なアイデアの出し方をロバート・ケリーが解説してくれます。

「マクラ戦とはどのような意味なのか?」

突拍子もないアイデアを生み出してきた方法とはいかに?企画発案などの勉強にもなるので、是非聞いておきたい内容です。

⑨社内転職!

人員が増えてきたアップルはどのように動いていったのか?社内転職でロバート・ケリーの立ち位置は変わるのか?営業部の話なども聞けるので、この動画を通して当時のアップル社の中を覗いていきましょう。

⑩三種の神器

どのような営業戦略で購入に繋げたのか?三種の神器と言われる物の正体とは?ロバート・ケリーのアップルトリビアのまとめとなる作品です。
ここまで話を聞いた人はアップルトリビアの本当の価値が身に染みているでしょう。

アップルが好きな人なら聴くべき

「写真」
結論になりますが、当時アップルで働いていた人の経験談を聞ける機会なんてありません。そのような貴重な話を聞くだけでも価値がありますので、購入を検討している方は後悔のない選択をしていきましょう。⑥の話にも出てくる衝撃のCMを紹介します。

1984の「奇跡の動画」はこちらから
「Youtubeリンク」

こちらの動画で注目を集めた「アップル」の秘話を知りたい人は下記リンクよりご案内させていただきますので、是非ご登録ください。

動画を見るために「Dojo」の登録はこちらから

最後まで読んでいただきありがとうございました。現在、私自身もロバート・ケリーの仕事に携わっており、今後ますます活躍する人物の過去を知れたことが何より幸せでした。自分の将来への投資だと考え、小さな1歩から行動に移しましょう。